WEAR

Nordwand Pro HS Hooded Jackt Men : Mammut Gore-Tex®️ Pro 3-layerのアウタージャケット。 このジャケット、登攀中のバンザイの動きをしても裾が上がらないように設計されてる為、「気付いたらお腹丸出し状態」がないのです。勿論フードもヘルメット対応。岩角にも強いし、動きも妨げないとてもオススメなジャケット。
Nordwand Pro HS Pants Women : Mammut Gore-Tex®️ Pro 3-layerのアウターパンツ。 上記のNordwand~ のボトムスです。なぜ女性用を 着たかと言うと、トイレの際にはお尻ジッパーが付いているからです。残念ながらメンズは付いていません。前方のチャックは下からも開けられるように改良しました。20/21モデルのパンツは元々下からも開くことができる様になりました。
Eigerjoch IN Hybrid Jackt Men : Mammut 中間着にこれを着ています。 低山や、風の弱いエリアの行動時に活躍。動いて熱くなると、熱を発散してくれます。 保温効果があるにも関わらず熱は籠らないというPolartec® Alpha® Directというのを採用しているらしいのでそれのおかげかと思われます。
Patagonia Men's Capilene 4 Expeditiont Weight One-piece : Patagonia 中間着のつなぎです。現在廃番です。 ワンピースのつなぎなので行動中にジャケットの背中が上がってしまう現象から起こる背中の露出も、これを着ていれば解決。そしてトイレ用お尻ジッパーも付いているので、1日着ていても大丈夫です。
Eigerjoch Pro IN Hooded Jackt Men : Mammut 最強に暖かいダウンだと思ってます。 テントの内でも外でも必須。真冬の星空を眺めるためにはかかせないアイテム。 勿論ビバーク時や、凍える様なビレー時にも大活躍です。そしてオススメしたいと思える一つは、 手首の内側にカフが付いていて、手首を裸にさせない工夫がされています。これが暖かさを増してくれます。

No Image

Freelight Ultra-Light Down Pants : Mammut すでに廃番の商品です。 ダウンパンツは主にテントでの生活の時に履きます。真冬の星空観察のときはダウンジャケットとセットで着ましょう。薄いダウンパンツなら「今日はずっと寒ぞ」と言うときはこれをインナーダウンとして履いて行動するときにも履きます。

HOME

OUTFIT